▼お役立ち情報:コントロールジェルMEにおきましては発売開始から14年以上が経っておりロングセラー商品

▼お役立ち情報:コントロールジェルMEにおきましては発売開始から14年以上が経っておりロングセラー商品



▼お役立ち情報:コントロールジェルMEにおきましては発売開始から14年以上が経っておりロングセラー商品ブログ:14-10-19


減量するときには
「味噌ラーメンはダメ!」
「揚げ物はダメ!」
「チーズケーキやアイスクリームもダメ!」
…など、
「食べてはいけない」ということに目が行きがちですよね。

みなさんは、どうですか?

そのこと自体は間違っていないのでしょうが、
これをそのまま受け取ってしまうと…
「食べてはいけない」

「好きなものが食べられない」

「ガマンしなくちゃいけない」

「つらい」
という、世間一般でも連想されがちな、
減量=「つらい・苦しい」
と言うイメージになってしまいます。

短期的に、
「一ヶ月だけ死ぬ気で頑張って減量するんだ!」
というなら耐えられるのかもしれません。
(私にはできませんけれども…)

でも、その後はどうするんですか?
人間はずーっと何十年も生きていかなければなりません。
苦しさに耐え、一ヶ月だけ爆発的に頑張って痩せても、
その生活をやめてしまえば、
元の木阿弥です。

いやそれ以上に、過激な食事制限をすると
筋肉が落ちて、代謝も減ってしまい
残るのは、太りやすい身体だけです。

そして元の生活に戻すと、
前より体重が増えて、脂肪も増え
減量前よりもブクブクの身体になってしまいます。

だからこそ、減量というのは
長く続けられる方法でなければならないんです!

それなのに
減量=「つらい・苦しい」
と思っていたら、
それをずっと続ける自分の人生は
ずーっと「つらく・苦しい」
ものになってしまいます。

これでは、
減量を長く続けるモチベーションが続きませんよ!

明日はいい日かな~
▼お役立ち情報:コントロールジェルMEにおきましては発売開始から14年以上が経っておりロングセラー商品

▼お役立ち情報:コントロールジェルMEにおきましては発売開始から14年以上が経っておりロングセラー商品

★メニュー

▼お役立ち情報:脱毛サロンの中には詐欺行為をしている可能性も否定出来ません
▼お役立ち情報:エステサロンで脱毛の契約を結んだ場合1回では処理が終わらず必ず複数回通う
▼お役立ち情報:エステ級の機械を家庭で使うことができる点が何よりも魅力なトリア
▼お役立ち情報:熱線により熱を毛に電波、接触部をカットしムダ毛を結晶化するといった画期的な方法
▼お役立ち情報:コントロールジェルMEにおきましては発売開始から14年以上が経っておりロングセラー商品
▼お役立ち情報:長い期間で考えることでそれほど最初のコストは比較的に安価と言える
▼お役立ち情報:手数料や別途施術料金がかかるのかということもしっかりと考慮しておいてください
▼お役立ち情報:脱毛クリームを使ってみようと考えているのでしたら、他人の使用評価を確認し
▼お役立ち情報:お肌トラブルを避けるために天然成分が配合されている脱毛クリームを使用した方が良い
▼お役立ち情報:Yahoo! ショッピングで32週連続第1位を獲得した非常に人気が高い商品


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)失敗しない脱毛効果のお知らせ